エコカー
 
サイトメニュー
 

低燃費車の減税

低燃費の車が減税対象になるということは、CMでもよく流れているので、車に詳しくない人も知っているかもしれません。

免税の対象となるのは、低公害車や、低燃費車、それにクリーンディーゼル車などです。天然ガスやハイブリッドカー、それにクリーンディーゼル車は、新車の場合非課税となります。つまり100%免税です。

低燃費車は排ガスや燃費基準の達成率などによって50~75%免税です。車のような大きな買い物は、税金と言っても結構な額になります。

ハイブリッドカーや低燃費車がお得と連日CMをしているのはこのためです。また、この低公害車に対する特別な免税措置は、中古車の場合も同じです。

ただし、税率が少し違います。税率で言うなら、例えばハイブリッドカーなら2~3%控除されたり、金額でいうなら15~30万円控除されたりします。

いずれにしても、お得であることには間違いないですね。ただ注意しなければいけないのは、この免税の税率も暫定的なものであるということ。

一定の期間を過ぎると適用されないなど、色々ややこしいので、気になったらすぐ詳しい専門家に尋ねるのが一番です。

また、今は車の環境に対する影響力などが真剣に議論されているところなので、車の税率そのものが変わる可能性もありますので、流動的ということ認識でいた方が良いでしょう。


◆チェック◆

Copyright (c) 低燃費車・エコカー All Rights Reserved.